中目黒で女性歯科医師による治療が受けられる歯医者

お問い合わせフォーム

ブログ

マタニティー歯科

ブログ 

近年では、「予防はマイナス2歳児から!!」といわれています。

つまり、お母さんは

妊娠する一年以上前から、生まれてくる赤ちゃんの為に、自身のお口の健康を保つことが

とても大切になってくるということです。生まれてくるお子さんのお口の健康に直結するのです

から、マタニティー教室に通うつもりで歯科クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

また、妊娠期の女性は、妊娠していない時と比べ、歯周病の症状である歯肉炎になりやすく

なります。これは妊娠期に分泌される「エストロゲン」という女性ホルモンが歯肉を形成する

細胞を攻撃し、さらに歯肉炎の原因となる細菌の増殖を促す働きをもっているからです。

エストロゲン以外にも、炎症を促すホルモンが妊娠期に増殖することが知られており、これらの

ホルモンは妊娠期には普段の月経時の10~30倍も分泌されるとも言われています。

さらに、妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、低体重児や早産

になるリスクが高まるというデータも出ています。これはお口の中の歯周病菌が血中に入り、

胎盤から胎児に直接感染するのが原因とされており、恐ろしいことに、その危険性はタバコ

やアルコールよりずっと高い数値を示しているのです。

以上のことを考えると、妊娠前、妊娠期、いずれにせよ お母さんになるご予定があるならば、ぜひとも!!

何より生まれてくるお子さんのために、歯周病予防の意識は持ち続けていただきたいと

願わずにはいられません。

 

 

ページトップへ戻る