中目黒で女性歯科医師による治療が受けられる歯医者

お問い合わせフォーム

ブログ

虫歯の治療は痛い!?

ブログ 

虫歯の治療は痛い!というイメージが強い方は少なくないかと思います。

昔は特に浅い虫歯の場合は麻酔なしで歯を削る先生が多かったです。

今でも麻酔なしで削ることがあるかと思います。ごくごく浅い虫歯とかですね。

当医院ではよっぽどのこと(患者さんの希望などで出来ない)がない限りはほぼ麻酔をして、痛くないように治療する努力をしています。

ただし、虫歯が神経まで及んでいて、尚且つ急性炎症で痛みが強いケースなどは特に麻酔がききにくいことがまれにあります。そういうときには、麻酔を顎を通る神経のところから効かせる伝達麻酔をしたり、コールドレーザーを使って麻酔が効きやすくしたりします。それでも効かない時は、一旦飲み薬で急性炎症が治まるのを待ってから治療することもああります。かなりレアケースですが、患者さんの希望でそうなることがありますね。

虫歯の治療が痛いというよりは、麻酔の注射が痛いし怖い!!という方もいますよね??

なので当医院では注射の前に必ず「ぬる麻酔」をして、注射の針が刺さる時に痛くないようにします。また、麻酔のうちかたも長年の経験を生かし痛くないように工夫しています。

後は、体質的に麻酔が効きにくい方がいますが、そういう時も、伝達麻酔にしたりレーザーを使って治療したり、日数をかけて患者さんの心と身体に負担がかからないように少しずつ治療します。

虫歯はとにかく早期発見、早期治療です。(ごくごく浅い、進行性でない虫歯は経過観察の場合もありますが)

さっきお話したように神経に到達してからでははっきり言って手遅れです。(><);歯の中の神経をぬくと、格段に歯の寿命を縮めてしまいますからね。。

また、決して 虫歯=痛い ではありませんのでご注意ください。痛くなくても虫歯になっていることがあります。しかも虫歯が浅いから痛くないという訳でもなく、かなり進行して神経に及んでいても痛くない場合もありますよ。

やはり、痛みが出てから歯医者に行くのではなく、定期的に歯周病検査や歯石とりや歯面清掃のために歯医者に行って、虫歯がないかもチェックしておく必要がありますね~(^^)

 

 

ページトップへ戻る