中目黒で女性歯科医師による治療が受けられる歯医者

お問い合わせフォーム

虫歯治療

虫歯のメカニズム

虫歯の原因菌は、プラーク(歯垢)の中に潜んでいます。細菌は歯に残った糖質を餌としてどんどん増えていきます。

細菌は食べた糖質で酸をつくります。この酸によって歯の表面からカルシウムなどの栄養が溶けていき、歯に穴が開いて虫歯となります。

虫歯の進行と治療法

CO

症状

COとは「要観察歯」という意味です。虫歯の一歩手前で、表面が白く濁ったり、少し黒く変色したりしますが、穴は開いていない状態です。痛みもないので、見逃しやすいですが、放置すると虫歯になるので要注意です。

治療

フッ素の塗布や毎日のブラッシングで進行を遅らせたり止めたり、あるいは改善させたりすることができる可能性があります。歯の欠損がないので、この時点での治療は行いません。

C1

症状

歯の表面のエナメル質に、小さな穴が開いている虫歯の初期状態です。まだ虫歯が神経にまで達していないので、痛みなどの自覚症状はありません。

治療

虫歯に罹った部位を削り、コンポジットレジンというプラスチックで補填します。コンポジットレジンは歯の色に似た素材で、保険適用です。近年ではその品質も向上しています。

C2

症状

エナメル質の奥にある象牙質という部分まで虫歯が進行した状態です。象牙質の奥には、神経と血管が通る「歯髄」という部分があり、甘いものや冷たいもので痛んだりしみたりするようになります。

治療

虫歯に罹った部位を削ります。比較的小さな場合はC1と同じくコンポジットレジンで治療します。広範囲に及ぶ場合には、メタルインレーを使用します。目立つのが嫌だという方には自費治療になりますが、白いインレーを入れることも可能です。

C3

症状

象牙質の奥にある歯髄にまで虫歯が進行した状態です。歯髄には神経と血管が通っているため、この状態になると、何もしなくても痛んだりしみたりします。

治療

虫歯に罹った部位を削り、神経組織を取り除く根管治療を施します。その後、歯の根の支柱を立ててクラウン(人工歯)をかぶせて終了です。前から5番目までの歯は、保険でも白いクラウンが適用されます。

C4

症状

歯全体が虫歯に侵されてしまった状態です。歯の根の先に膿がたまっていることもあります。C3と同様に根管治療が行える場合もありますが、残念ながら抜歯になってしまうケースもあります。

治療

抜歯になる場合は、ブリッジ、入れ歯、インプラントのいずれかで、失った歯を補います。ブリッジと入れ歯は、素材が限られてはしまいますが、保険適用が可能です。

ページトップへ戻る