中目黒で女性歯科医師による治療が受けられる歯医者

お問い合わせフォーム

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングは歯を削らずに、歯にダメージを与えることなく白くすることができる治療法です。当医院では、自宅で行う「ホームホワイトニング」と当医院で行う「オフィスホワイトニング」のいずれも行っています。

男女問わず、歯の色が気になる方、ご職業柄人前に出る機会の多い方、ブライダル、お見合い、パーティーなど特別なご予定の前など、様々なシチュエーションに効果的です。

特にお客さまと接する機会の多いビジネスマンの方にとっても口元の印象はお顔全体の印象につながる大切なポイントです。

歯が黄色くなる、4つの主な原因

歯の黄ばみ、汚れの原因は様々な要因があります。大きく分けると「着色」と「変色」になります。着色は、主に生活習慣、食生活等による外的要因から、変色は様々な理由により歯の内側から起こる現象です。

色素の沈着による着色

歯のエナメル質の外側に汚れが付着するような外的要因によって歯に色がついてしまいます。これはステイン(飲食物による着色汚れ)が主な原因です。

ステインの原因としては、紅茶、コーヒー、赤ワインなどの飲料に含まれる色素(主にタンニン)や、色の濃い食べ物(カレー、チョコレート、緑黄色野菜、濃い着色料を使った食品等)も原因のひとつと言えます。また、皆さんご存じのタバコのヤニ(ニコチン・タール)なども着色の原因です。

着色を少しでも防ぐには、食後すぐの歯磨きが最も効果的です。

加齢による変色

歯は少し黄色みがかった象牙質でできており、その外側を半透明のエナメル質でおおわれた構造をしています。
そのため、健康でキレイな歯でもやや黄色く見えるのはそういった構造の為です。

年齢を重ねるにつれ、まわりを覆っているエナメル質が徐々に擦り減って薄くなる為、黄色い象牙質がより透けて見え全体的に黄色く、くすんで見えるようになります。

抗生物質の副作用による変色

テトラサイクリン系の抗生物質を服用すると歯の象牙質に帯状茶褐色色素沈着や場合によっては歯全体が変色することがあります。

このような変色の原因は、ご本人が乳幼児期あるいは幼少期に何らかの理由で長期間この抗生物質を摂取していたり、母親が妊娠中にこの抗生物質を摂取することで胎児に影響を及ぼし、後々生え変わる永久歯が変色することがあります。

その他の原因による変色

このほか、エナメル質形成期間中の幼児期に打撲などの局所的な衝撃を受けたり、ホルモン異常や高熱によるもの、また栄養障害など、全身的な原因からエナメル質に白斑や褐色班ができることもあります。

上記のほかフッ素の過剰摂取、虫歯、虫歯治療による金属詰め物や被せものによる変色や神経を除去した後の変色などもあります。

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ご自宅でゆっくり寛ぎながら簡単に行える方法です。患者さまに合ったトレーを作成し、トレーに専用のジェルを塗布して、医師の指導の元ご自身で行っていただきます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニング治療の事を言います。ホームホワイトニングよりも高濃度の薬剤を使用して行いますので、基本的には1回でその効果、白さを実感できますが、ある程度持続させるために数回通院するのが普通です。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を併用して行う方法です。この方法は、オフィスホワイトニングの利点である即効性と、ホームホワイトニングの利点である持続性の両方の効果が望める為、長期間に渡り、その効果が持続できます。

まずは一度、お気軽にご相談ください

外的要因の着色による黄ばみやくすみは、日頃のケアで予防・改善ができますが、内的要因の変色の場合は、歯の内部で起こってしまっているものなので、日頃の歯磨きや歯表面のクリーニングでは、黄ばみ・くすみを取り去る事はできません。

まずは一度、お気軽にご相談ください。歯の色や状態(虫歯の有無等)をご来院時にしっかりと診察・計測いたします。歯に関するお悩みやご要望に合わせて、あなたの笑顔が最も素敵に輝く最適の色を目指して参ります。

ページトップへ戻る