中目黒で女性歯科医師による治療が受けられる歯医者

お問い合わせフォーム

ブログ

矯正の方法(裏側)について

ブログ 

裏側矯正(見えない矯正)についてお話します。

~使用する装置について~

裏側矯正ブラケット、クリッピーLを歯の舌側に装着します。

クリッピーLは、従来のリンガル(舌側)ブラケットと比べて厚みがなく薄い新しい裏側矯正装置です。

通常の矯正装置はブラケットとワイヤーを細い針金やゴムなどで結びますが、クリッピーLではブラケットが開閉式のシャッターになっています。

そのため、弱い持続的な力を加えることで歯の移動が可能で、治療期間の短縮も期待できます。

また、小型化したことで口内の違和感も大幅に低減されました。

~裏側矯正のメリット~

表から見えないので周囲の人に気づかれにくいです。

そのため、女性や接客業など容姿に敏感な方にも使用いただけます。

虫歯になりにくいシステムです。ブラケットが歯の内側にあるので、歯の表側にブラケットがあるより唾液による自浄作用が期待できます。

歯が後ろに下がりやすいという特徴があります。固定源となる奥歯が動きにくい構造なので、前歯が後方に動きやすくなります。

舌癖(ぜつへき)の抑制により矯正後の後戻りも抑制します。

~裏側矯正のデメリット~

表側矯正と比較すると費用が高い。舌側矯正を行うには、特殊な技術と知識が必要であること。オーダーメイドの装置を作るため、表側矯正よりも費用が高くなります。

 

 

ページトップへ戻る